Other

Otterご利用ガイド|英語音声の文字起こしアプリOtter

Otterご利用ガイド|英語音声の文字起こしアプリOtter
Article Breakdown

1.アカウント作成~ログイン


アカウント作成

GoogleもしくはMicrosoftのアカウントをお持ちの方は、ご自身のアカウントでそのままログインすることができます。それ以外の方は、ご自身のメールアドレスで新たにアカウントをご登録ください。

ログイン

スマートフォン版のアプリ、もしくはインターネットブラウザからログインをしてください。

アプリのインストールはこちら

インストール後、アプリを起動するとログイン画面が表示されます。

ブラウザ版のログインはこちら

2.録音する

アプリ版では、画面右下にあるマイクのアイコンをタップすると、すぐに録音が始まります。 ブラウザ版の場合は、画面の右上にマイクのアイコン+"Record"と記載されたボタンが表示されます。ボタンをクリックすることで、録音が開始されます。

録音を停止したいときは、画面下部中央の■を押します。

3.録音したデータを確認する

録音したデータは、メニューの「My Conversations」からアクセスできます。

「My Conversations」をタップすると、自分で録音したデータの一覧が表示されます。 タイトルをタップすると、詳細画面が表示され、テキストを確認したり、録音を再度聞いたりすることができます。

画面下部中央にあるアイコンをタップすると録音したデータが再生され、読み上げている単語がハイライトされます。 再生は、再生したい単語をタップすることで、任意の箇所から開始することもできます。

4.データを編集する

詳細画面で、ペンのアイコンをタップしてから、編集したい場所をタップすると、そのテキストを修正することができます。

タイトルは自由に名称をつけることができます。 詳細画面でタイトル部分をタップして、編集します。

話者の名称を変更することができます。人物アイコンをタップすると、名称を変更できます。 また、Otterユーザーの場合はユーザーを紐付けることも可能です。 (話者の名称変更は声紋判別後に可能になるため、録音後すぐに作業できない場合があります)

5.便利な機能

エクスポートする

詳細画面で右上に表示されるアイコンをタップすると、”Export"メニューが表示されます。 音声データ、テキストデータそれぞれのエクスポートが可能です。 テキストデータはエクスポート形式をTXTファイル、CLIPBOARD(クリップボードにコピー)、DOCXファイル、PDFファイル、SRTファイルから選択できます。DOCXファイル、PDFファイル、SRTファイルはPREMIUMの方のみご利用いただけます。

フォルダで分類する

録音したデータは、フォルダを作って分類することができます。 メニューの"FOLDERS"右にある「+」のアイコンをタップすると新たにフォルダを作成できます。

フォルダの画面で、右上のアイコンをタップすると"Add conversations"のメニューが表示されます。 タップすると、録音したデータの一覧が表示されるので、フォルダに分類したいデータを選択します。

検索する

検索ボックスにキーワードを入力すると、あなたがアクセスできるすべてのOtterに登録されたデータのうち、そのキーワードを含むもののリストが一覧で表示されます。

グループで共有する

メニューの”GROUPS”右にある「+」のアイコンをタップすると新たにグループを作成できます。 グループには任意のユーザーを招待し、データをグループに追加することで、録音した内容は自動的に共有されます。 共有したデータは、グループのメンバーで同時に編集することが可能で、その内容もリアルタイムは反映されます。

6.より高度な使い方

Otterには共有機能、画像ファイルの追加機能など、他にも便利な機能が用意されています。 より高度な使い方は以下のサイトでも紹介しています。(USサイトに遷移します)

Quick Start Guideトップに戻る

1.アカウント作成~ログイン


アカウント作成

GoogleもしくはMicrosoftのアカウントをお持ちの方は、ご自身のアカウントでそのままログインすることができます。それ以外の方は、ご自身のメールアドレスで新たにアカウントをご登録ください。

ログイン

スマートフォン版のアプリ、もしくはインターネットブラウザからログインをしてください。

アプリのインストールはこちら

インストール後、アプリを起動するとログイン画面が表示されます。

ブラウザ版のログインはこちら

2.録音する

アプリ版では、画面右下にあるマイクのアイコンをタップすると、すぐに録音が始まります。 ブラウザ版の場合は、画面の右上にマイクのアイコン+"Record"と記載されたボタンが表示されます。ボタンをクリックすることで、録音が開始されます。

録音を停止したいときは、画面下部中央の■を押します。

3.録音したデータを確認する

録音したデータは、メニューの「My Conversations」からアクセスできます。

「My Conversations」をタップすると、自分で録音したデータの一覧が表示されます。 タイトルをタップすると、詳細画面が表示され、テキストを確認したり、録音を再度聞いたりすることができます。

画面下部中央にあるアイコンをタップすると録音したデータが再生され、読み上げている単語がハイライトされます。 再生は、再生したい単語をタップすることで、任意の箇所から開始することもできます。

4.データを編集する

詳細画面で、ペンのアイコンをタップしてから、編集したい場所をタップすると、そのテキストを修正することができます。

タイトルは自由に名称をつけることができます。 詳細画面でタイトル部分をタップして、編集します。

話者の名称を変更することができます。人物アイコンをタップすると、名称を変更できます。 また、Otterユーザーの場合はユーザーを紐付けることも可能です。 (話者の名称変更は声紋判別後に可能になるため、録音後すぐに作業できない場合があります)

5.便利な機能

エクスポートする

詳細画面で右上に表示されるアイコンをタップすると、”Export"メニューが表示されます。 音声データ、テキストデータそれぞれのエクスポートが可能です。 テキストデータはエクスポート形式をTXTファイル、CLIPBOARD(クリップボードにコピー)、DOCXファイル、PDFファイル、SRTファイルから選択できます。DOCXファイル、PDFファイル、SRTファイルはPREMIUMの方のみご利用いただけます。

フォルダで分類する

録音したデータは、フォルダを作って分類することができます。 メニューの"FOLDERS"右にある「+」のアイコンをタップすると新たにフォルダを作成できます。

フォルダの画面で、右上のアイコンをタップすると"Add conversations"のメニューが表示されます。 タップすると、録音したデータの一覧が表示されるので、フォルダに分類したいデータを選択します。

検索する

検索ボックスにキーワードを入力すると、あなたがアクセスできるすべてのOtterに登録されたデータのうち、そのキーワードを含むもののリストが一覧で表示されます。

グループで共有する

メニューの”GROUPS”右にある「+」のアイコンをタップすると新たにグループを作成できます。 グループには任意のユーザーを招待し、データをグループに追加することで、録音した内容は自動的に共有されます。 共有したデータは、グループのメンバーで同時に編集することが可能で、その内容もリアルタイムは反映されます。

6.より高度な使い方

Otterには共有機能、画像ファイルの追加機能など、他にも便利な機能が用意されています。 より高度な使い方は以下のサイトでも紹介しています。(USサイトに遷移します)

Quick Start Guideトップに戻る

Get the latest updates direct to your inbox.
Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.
You Might Be Interested In